イオンカード

WAON一体型イオンカードの評判とは?特徴や得られるメリット・デメリットまとめ

 

イオン系列で多大なメリットを享受できるイオンカード。その中に、WAON一体型となっているWAON一体型イオンカードがあります。イオン系列やWAONを普段使いしている方にはまさに申し分のないカードです。

そんなWAON一体型イオンカードには、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?また、WAON一体型イオンカードを実際に利用している方の評判や特徴も合わせて紹介していきます。

これからイオンカードを発行している方にとっては、見逃し厳禁の内容ですよ。

公式サイトで詳しく見る >>

WAON一体型イオンカードの特徴

WAON一体型イオンカード
年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

公式サイトで詳しく見る >>

WAON一体型イオンカードは、ETCカードや家族カードを含め、完全無料で持つことができるクレジットカードです。クレジットカードの中には、ETCカードや家族カードの年会費が有料のものもあるため、この点はメリットと言えますね。

また、主要な国際ブランドもおさえているので、他のクレジットカードとの使い合わせもグッドです。特に、VISAかMasterCardを持っていない方は、この機会にどちらかを発行しておくと、決済の場面で困ることもなくなるでしょう。

家族カードの申込み方法は『イオンカードの家族カードを申し込む方法。家族カードの仕組みを徹底解説!』の記事で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
イオンカード
イオンカードの家族カードを申し込む方法。家族カードの仕組みを徹底解説! イオン系列において多大なメリットを享受することができるイオンカード。そんなイオンカードは、本会員はもちろんですが、家族カードまで...

還元率0.5%でときめきポイントが貯まる!

WAON一体型イオンカードは、200円の利用につき1ポイントのときめきポイントが貯まります。還元率は0.5%です。税別ではなく、税込計算でポイントが算出されるのが地味に嬉しいメリットです。

貯まったときめきポイントの使い道は、WAONポイントへの移行がおすすめです。1,000ポイント以上であれば500ポイント単位で、WAONポイントへ等価交換が可能となっています。

ちなみにWAONポイントはそのまま電子マネーのWAONへのチャージが可能で、イオングループをはじめとする以下のような店舗で使えます。もちろん、WAONでの支払いの際にもバッチリ、0.5%のポイントが還元されますよ。

  • イオン
  • イオンモール
  • イオンタウン
  • マックスバリュ
  • イオンスーパーセンター
  • ダイエー
  • グルメシティ
  • ザ・ビッグ
  • マルナカ
  • 山陽マルナカ
  • 光洋
  • ビブレ
  • ピーコックストア
  • ミニストップ
  • まいばすけっと
  • ツルハグループ
  • キッチンオリジン
  • ファミリーマート
  • 吉野家
  • マクドナルド
  • ヤマト運輸
  • ココストア
  • ポプラ
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ソフマップ
  • エディオン
  • JAL
  • ダックス
  • コスモ石油
  • NEXCO
  • かっぱ寿司
  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100

ときめきポイントをザクザク貯める方法を『ときめきポイントの貯め方を解説!イオン以外の利用でもお得にポイント獲得!』の記事で更に詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
イオンカード
ときめきポイントの貯め方を解説!イオン以外の利用でもお得にポイント獲得! イオン系列を活用していく上では必須とされているイオンカード。そんなイオンカードで得られるポイントに、ときめきポイントがあります。...

通常デザインの他にディズニーデザインも選べる

ディズニーデザイン WAON一体型イオンカードディズニーファンの方にはたまらないメリットとして、WAON一体型イオンカードはディズニーデザインのクレジットカードを選ぶこともできます。

ただし、こちらに関してはJCB以外に選択の余地がない点には注意が必要です。私も経験があるのですが、JCBブランドだと稀に、決済そのものができない場面に遭遇してしまいます。

もちろん、一枚でもVISAかMasterCardのクレジットカードを他に備えているのであれば、特に問題はありません。

まだVISAもMasterCardも持っておらず、ディズニーデザインにこだわりたい方は、WAON一体型イオンカード以外に、VISAかMasterCardのクレジットカードを合わせて発行しておくと、決済に関する心配のタネはなくなりますよ。

WAON一体型イオンカードで得られるメリット

さて、WAON一体型イオンカードの基本情報をご理解いただいたところで次に、WAON一体型イオンカードで得られるメリットについて解説していきたいと思います。

言わずもがな、イオン系列におけるメリットが中心にはなってきますが、ネット通販においても特典があるため、年会費無料のクレジットカードであることを考慮に入れると、非常に優秀な一枚と言えます。

早速、そのメリットの数々に目を通していきましょう。

系列店では常にポイント還元が2倍

イオンマークのカードがさらにオトクに!いつでもポイント2倍WAON一体型イオンカードの基本還元率が0.5%というのは、決して高い値とは言えませんが、イオン系列においてはこの限りではありません。

  • 通常:200円につき1ポイント(0.5%)
  • イオン系列:200円につき2ポイント(1%)

このように、イオン系列においては還元率が常に2倍になります。以下のような提携先を普段使いしている方にとっては、非常に大きなメリットと言えますね。

  • イオン
  • イオンスタイル
  • イオンモール
  • マックスバリュ
  • ザ・ビッグ
  • イオンスーパーセンター
  • ダイエー
  • グルメシティ
  • ピーコックストア
  • KOHYO
  • マルナカ
  • ホームワイド

毎月20日・30日は全国のイオングループで買い物代金が5%オフ

毎月20日・30日は全国のイオングループで買い物代が5%オフ!全国のイオンファンが目を付ける日。それが毎月20日・30日の『お客様感謝デー』です。なんとこの日は、5%オフで買い物ができてしまいます。

節約上手な方がこのタイミングを虎視眈々と狙っているのは間違いありません。冷静に考えてみましょう。5%オフというのは相当に大きい数値です。

たとえば、毎月20日と30日に買い物を集約し、10,000円ずつ購入したとしましょう。この場合の割引率は以下の通りです。

10,000円×0.05×2回=1,000円

いかがでしょうか。同じ買い物であるにもかかわらず、タイミングを変えるだけで毎月1,000円が浮いてしまいます。これを活用しない手はないですね。

ちなみに55歳以上であれば、毎月15日も同じく、5%オフの特典を受けることができますよ。

毎月5日・15日・25日はWAONの利用でWAONポイントが2倍

毎月5日・15日・25日はWAONの利用でWAONポイントが2倍!毎月5日・15日・25日の『お客様ワクワクデー』も見逃してはいけません。この毎月5のつく日は、WAONの利用によってWAONポイントの還元が2倍となり、1%の還元を受けられるようになるのです。

特にWAONを普段使いしている方は要チェックですね。WAON一体型イオンカードを上手に活用していく上では、買い物のタイミングが非常に大切であることを覚えておきましょう。

毎月10日はポイント還元5倍の2.5%

毎月10日はポイント還元5倍の2.5%!3%になる方法も!毎月10日は『ありが10デー』の特典として、クレジットカード、WAONのどちらで決済をしても5倍の還元率を得ることができます。

5のつく日の特典は、WAONによる決済に限定されますが、こちらの『ありが10デー』ならクレジットカードによる決済でもOKです。還元率も5倍と非常にアツい仕様となっています。

ここまでのキャンペーン日をまとめておきましょう。

キャンペーン日一覧
キャンペーン名称日程特典
お客様感謝デー20日・30日購入代金5%オフ
お客様ワクワクデー5日・15日・25日WAON決済でポイント2倍
ありが10デー10日クレジット決済・WAON決済でポイント2倍

こうしてみてみると、月に6回もチャンスがあります。節約上手な主婦は買い物を週に1度でまとめ買いをするといいますが、月に6回もポイントアップや割引の特典があれば、すべての買い物をここに集約することも不可能ではありませんね。

ぴゅあウォーターを無料でゲット!

水というのは何かと必要になります。まさかあなたは、生活必需品であるとはいえ、毎回水を購入していたりしませんか?

WAON一体型イオンカードを発行さえすれば、もう購入の必要はありません。不純物が最大限に除去された体に優しいぴゅあウォーターを1日2回まで、無料でもらうことができるのです。

人間のおおよそ7割は水分でできているため、飲用水や調理用の水は、できる限り綺麗なものを選びたいですよね。最初に専用ボトル(2ℓ用1本:税込126円)を購入する必要がありますが、一度買ってしまえばずっと活用できるので、大したことではありません。

イオンシネマでお得に映画観賞

映画は映画館で楽しみたい!という方に耳寄りなのがこちらの情報。

イオンシネマにおいて、WAON一体型イオンカードで決済をすると300円の割引を受けることができます。カード1枚で2名までが割引対象となるため、友人や恋人、家族と一緒にお得に楽しむことも可能ですよ。

ときめきポイントタウンの経由でさらにお得

ときめきTOWNWAON一体型イオンカードが活躍するのは何も、イオン系列だけではありません。ネット通販の際にはぜひ、『ときめきポイントタウン』を大いに活用しましょう。クレジットカード決済分のポイントとは別に、ときめきポイントを稼ぐことができます。

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングにLOHACOなどの使い勝手の良い店舗やサービスが利用できるのが嬉しいですね。通常時でも大きくポイント還元を得ることができますが、キャンペーン時には倍率が跳ね上がることがある点にも注目です。

たとえば、本記事を執筆しているタイミング(2018年4月下旬)では、母の日が近いということもあり、イイハナ・ドットコムが4倍から15倍になっていました。

ちょくちょくサイトを訪れていれば、お目当てのショップで大幅還元が実施されているタイミングに出くわすかもしれませんね。

180日間のショッピング保険付帯

WAON一体型イオンカードには、ショッピングセーフティ保険が付帯しています。

  • クレジットカードによる税込5,000円以上の商品が対象
  • 購入日から180日まで
  • 年間50万円まで
  • 国内における1回払いも対象

年会費無料のクレジットカードだと、対象期間が購入日から90日までであったり、海外における利用かリボ払いのみが対象だったりすることを考慮に入れると、申し分のない保険内容と言えます。

もちろん、リアル店舗のみならず、ネットショッピングで購入した商品も補償の対象となります。特に、高価な商品を購入する際には、WAON一体型イオンカードでの決済を忘れないようにしたいですね。

イオンゴールドカードへのインビテーションが届く

イオンゴールドカードイオンカードの中には、年会費無料で持つことができるイオンゴールドカードがあります。ちなみにこちらは、自分で申し込むことはできず、各種イオンカードをコツコツと継続的に利用することで、インビテーションが届きます。

ゴールドカードにもかかわらず、無料で保持できるのは嬉しいですね。以下、イオンゴールドカードならではのメリットを記載しておきましょう。

  • イオンラウンジサービス
  • 羽田空港エアポートラウンジサービス
  • 年間300万円までのショッピング保険
  • 最高3,000万円までの国内外旅行傷害保険

本当に年会費無料ですか?」と確認したくなるほどの充実した内容です。WAON一体型イオンカードを実直に活用していれば、あなたにもイオンゴールドカードのインビテーションが届くかもしれませんね。

公式サイトで詳しく見る >>

WAON一体型イオンカードの気になるデメリット

さて、WAON一体型イオンカードのメリットについては、あらかたご理解いただけたかと思います。次にみていきたいのが、WAON一体型イオンカードの気になるデメリットです。

メリットを把握しているだけでは、節約効果を最大限に高めていくことはできません。ぜひここで、WAON一体型イオンカードのデメリットについても理解を深め、デメリットを上手に回避しながら活用していきましょう。

基本還元率が0.5%と低い

WAON一体型イオンカードの基本還元率は0.5%です。この値はお世辞にも高いとは言えないため、イオン系列以外でメインカードとして活用するのは少々苦しいのが正直なところ。

少しでも節約効果を高めたいのであればやはり、以下のようなクレジットカードをメインで使い、イオン系列を利用する場合は、WAON一体型イオンカードをあてるのがベストでしょう。

旅行傷害保険の付帯がない

WAON一体型イオンカードには、国内外の旅行傷害保険の付帯がありません。頻繁に旅行へ出かける方にとって、ここは無視できないデメリットとなります。これに対してもやはり、他のクレジットカードを備えておくことで、弱点を補っておきましょう。

イオンカードの中で旅行保険が付帯しているものを『通常のイオンカードには海外旅行保険の付帯はナシ!旅行保険付帯のイオンカードとは?』の記事で紹介しています。

たとえば、年会費無料で作成できるクレジットカードにエポスカードがありますが、こちらは充実した海外旅行傷害保険が自動付帯となっているため、カードを財布に忍ばせておくだけでメリットがあります。

万が一の時に備え、ぜひともこうした守りのクレジットカードを備えておくと良いですね。

公式サイトで詳しく見る >>

WAON一体型イオンカードの評判/口コミ

WAON一体型イオンカードのメリット・デメリットはきちんと把握できたでしょうか。続いては、インターネット上に掲載されている評判や口コミにも目を向けていきたいと思います。

やはり実際にWAON一体型イオンカードを使ったことがある人の声には説得力があります。よりWAON一体型イオンカードのリアルに迫るため、よくない口コミと良い口コミの双方を集めてみました。

WAONの残高に注意

こちらは「良くない。」とまではいきませんが、危うく大きな損をしてしまいそうになった方の口コミです。あなたもWAON一体型イオンカードを発行するのであれば、注意が必要ですよ。

以下、Twitterからの引用です。

WAON一体型というのは確かに便利ですが、WAONの残高もその一枚に集約されていることを忘れてはいけませんね。クレジットカードの有効期限は誰にでも訪れるものなので、うっかりハサミを入れてしまう前に、WAON残高を使い切るか、移行の手続きを済ませるようにしましょう。

イオンカードなしでのイオンの利用はやっぱり損!

続いて、良い口コミに移っていきましょう。以下、同じくTwitterに掲載されている内容を引用しました。

やはりイオンカードを実際に利用している方は、その節約効果の高さをひしひしと感じているようです。特に毎月20日と30日の5%オフはアツい。

このチャンスを毎回生かしている人とそうでない人とでは、もはや目も当てられないほどに、節約効果の差が広がっていくのは間違いありません。

WAON一体型イオンカードが年会費無料で作成できるクレジットカードであることを考えると、少しでもイオンを活用している方にとっては、発行しない理由がありませんね。

Webからの申し込みなら6,000円相当の特典ゲット

イオンカード入会キャンペーン最後に紹介するのがこちらの口コミです。以下、Twitterでのつぶやきを引用させてもらいました。

厳密には、6,000円相当分の特典があるという表現がより正しいですが、本記事を執筆している段階(2018年4月下旬)においても、Web申し込み限定で、新規入会キャンペーンが実施されています。

同じクレジットカードを発行するのであれば、6,000円相当分の特典が得られるチャンスがあった方が絶対に良いですよね。これから発行を考えている方はぜひ、こちらの入会特典がもらえる公式サイトのからアクセスしましょう。

WAON一体型イオンカードはこんな人におすすめ!

最後の締めくくりとして、「WAON一体型イオンカードがおすすめな人」というテーマで話をまとめていきたいと思います。

以下の項目に少しでも当てはまる方は、WAON一体型イオンカードを持つことで、メリットを享受できることは間違いありません。

  • イオン系列を普段使いしている人
  • 電子マネーWAONを普段使いしている人
  • 水の消費量が多い人
  • 映画鑑賞の頻度が多い人
  • イオンゴールドカードのインビテーションを受けたい人

早速、それぞれの詳細をみていきましょう。

イオン系列を普段使いしている人

当然ながら、イオン系列御用達の方にとって、WAON一体型イオンカードが最高の一枚であることは言うまでもありません。メリットの項目でも紹介したイオン系列における強みの数々をここで、改めて振り返ってみましょう。

  • 常に2倍の還元率
  • 毎月20日・30日は買い物代金が5%オフ
  • 毎月15日は、55歳以上の方が買い物代金5%オフ
  • 毎月5日・15日・25日はWAONの利用でWAONポイントが2倍
  • 毎月10日はポイント還元5倍の2.5%

この中でも特に見逃したくないのが5%オフと5倍の日です。同じ買い物にもかかわらず、節約効果に大きく差がついてくると考えると、買い物のタイミングを考慮するくらい、造作もないことですよね。

電子マネーWAONを普段使いしている人

WAON一体型イオンカードはその名の通り、クレジットカード機能にWAON機能が付随した非常に便宜性の高い一枚です。財布をスッキリさせることができる上、支払いもよりスマートに済ませることが可能となります。

また、先ほども少し触れましたが、毎月5日・15日・25日はWAONの利用でWAONポイントが2倍になる点も大きい。

以上を踏まえると、WAONを普段使いしている方にぴったりなのが、WAON一体型イオンカードなのではないでしょうか。

水の消費量が多い人

あなたは普段、水をどのくらい使用するでしょうか?ちなみに私は、毎日飲み水だけでも2ℓは使用しているため、1日2ℓ程度では全然足りません。

そんな私のように、日々の水の消費量が多い人にとって、WAON一体型イオンカードに付随するメリットは非常にありがたい。1日4ℓまで無料でもらえるという特典は、地味だけれども、ロングランでみると大きなメリットとなります。

映画鑑賞の頻度が多い人

著者は普段、AmazonプライムやHuluなどで動画鑑賞をしていますが、そんな私でも、映画館を利用することはあります。このように、少しでも映画館に行くような習慣がある方にとって、WAON一体型イオンカードがもたらす恩恵はありがたいですね。

1回につき300円。2人なら600円の割引です。仮にこれを毎月繰り返すとすれば、600円×12ヶ月で7,200円も浮いてしまいます。7,200円あれば、何ができるでしょうか。

600円×12ヶ月=7,200円

イオン系列で買い物はしない方であっても、イオンシネマのヘビーユーザーであれば、この特典のためだけに、WAON一体型イオンカードを持ってもいいほどです。

割引の回数に制限がかけられていないのが嬉しいポイントと言えますね。映画好きの方はじゃんじゃんこの特典を活用し、節約効果を高めていきましょう。

イオンゴールドカードのインビテーションを受けたい人

イオンゴールドカードは年会費無料にもかかわらず、通常の各種イオンカードと比較すると、そのスペックには大きな開きが見られます。ランニングコストがないのであれば、ゴールドカードの方を持ちたいと思うのは自然なことですよね。

そんな思いを抱いている方には、WAON一体型イオンカードを継続的に使用していくことをおすすめします。特に旅行へ頻繁に出かける方にとっては、国内外の旅行傷害保険の付帯や、羽田空港のエアポートラウンジサービスのメリットは大きいのではないでしょうか。

ルックス面でみても、キラリと光る一枚を会計時にスッと出せるのは、非常に気持ちが良いですよね。一説によると、人によっては1年程度の利用でインビテーションが届くという話もあります。

これを踏まえると、イオンゴールドカードのインビテーションを受けるまでは、WAON一体型イオンカード一本でありとあらゆる支払いを決済していくという使い方もありかもしれませんね。

公式サイトで詳しく見る >>

まとめ

WAON一体型イオンカードは、クレジットカードの機能に、WAON機能が付随した非常に使い勝手の良い一枚です。

特に、イオン系列やWAONを普段使いしている方にとっては、発行しない理由がない一枚と言っても過言ではありません。買い物のタイミングを少し考慮するだけで、大きく節約効果を高めていくことができるのは嬉しいですね。

また、イオンゴールドカードは年会費無料で保持できるゴールドカードなので、こちらのインビテーションを目標に、WAON一体型イオンカードをコツコツ使っていくのも良いでしょう。

実際に発行する際は、インターネットからの申し込みによって、大きな特典を享受することができるので、ぜひ暮らしのマネーサイトからアクセスし、手続きを進めてみてくださいね。

公式サイトで詳しく見る >>