イオンカード

イオンカードの審査基準とは?審査にかかる時間や通過するためのチェックポイントを解説

 

イオン系列において多大なメリットの享受することができるイオンカード。イオン系列を普段から利用している方であれば、発行しておかなければ確実に損をしてしまう一枚といえます。

さて、そんなイオンカードですが、実際に発行しようと思った時に気になるのが、審査に関する詳細です。

イオンカードの審査基準は?」「審査にかかる時間や通過するためのポイントは?

ここでは、そんな疑問を解消すべく、イオンカードの審査にまつわるあれこれを徹底解説していきたいと思います。これからイオンカードを発行しようと考えている方にとっては、見逃し厳禁の内容ですよ。

イオンカードの審査基準

イオンカード何もイオンカードに限った話ではありませんが、公式ホームページをいくら検索したり、イオンカードのコールセンターに問い合わせをしたところで、「この条件を満たしていれば確実に審査は通過できます。」とご丁寧に公表してくれることはありません。

つまり、審査に関する明確な基準を知ることはできないんですね。

とはいえ、限られた情報を集めた上で、ある程度の予測を立てていくことなら可能です。ここでは、イオンカードの審査基準に関し、どういった人なら通りやすいか、あるいはどういう人は通りづらいかを解説していきたいと思います。

イオンカードの入会条件

まずは、イオンカードへのエントリー資格があるかどうかを確認しておきましょう。ここをクリアしていなければ、申し込みさえできません。

  • 高校生を除く18歳以上の方
  • 電話連絡が取れる方

以上が最低限の条件となります。もちろん、ここさえクリアしていれば通過するというわけではありませんが、この2つの条件を満たしていれば、とりあえずエントリーしてみる価値はあります。

ちなみに主婦や学生、年金受給をしているような方でもOKです。これはつまり、申し込みする本人に定期的な収入がない場合でも、審査を通過する余地があるということ。

このように考えれば、かなり受け口は広いといえます。他のクレジットカードの審査ではじかれてしまった方でも、イオンカードであれば、活路が見出せるかもしれませんね。

エントリーには本人確認書類が必要

収入面を厳しく見られることがないことは前述した通りですが、本人確認書類の提出だけは避けて通ることはできません。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

以上のような書類が、本人確認書類として有効です。インターネットで申し込みをする場合、本人確認書類をアップロードするだけで先方に提出することが可能です。

一方で、郵送による申し込みの場合、本人確認書類の写しを準備し、申込書に同封して提出する必要があります。

※イオンカードセレクトはネット申込の場合、申込時に本人確認書類は不要になりました。

イオンカードの審査に落ちた人の口コミ情報

イオンカードの審査は、比較的通りやすいとの声も散見されますが、それでもやはり、審査に落ちてしまっている人もいるのが事実です。

そこでここでは、イオンカードの審査に落ちた人の口コミ情報をピックアップし、その理由を考察していきたいと思います。実際にエントリーする前に、ぜひこちらで紹介する口コミの内容も参考にしてみてください。

居住年数が短い場合は少々不利

まずはこちらの口コミから見ていきましょう。以下、Twitterに掲載されていた内容を抜粋しました。

申込者自身が、引っ越ししたてであったことが原因ではないかと振り返っていますね。

え?引っ越しが審査内容と何か関係あるんですか?

そう思われる方もいるかもしれません。厳密には、引っ越ししたこと自体ではなく、居住年数が関連してきます。

引っ越ししたてということは居住年数を1年未満と記載するしかなく、この点だけを見れば、信頼性や安定感といった情報を伝える上では不利だということですね。

たとえば、これから実家を出て一人暮らしを始める予定の方は、実家にいる段階でクレジットカードの申し込みをしてしまった方が有利です。案外こうしたタイミングも重要になってくるのです。

クレヒスに傷があると審査は通りづらい

続いての口コミはこちらです。以下、Yahoo!知恵袋に投稿されていた内容を拝借しました。

先日イオンカード(WAON付き)の審査に落ちました。 年収は200万で申し込みした男です。 原因は多分、以前(割と最近)に支払いが滞納してしまったことと 同時に楽天銀行から楽天カードへの変更申し込みを したことが理由かと思います。出典:Yahoo!知恵袋

おそらく、この方が審査に落ちてしまった原因は、年収の額というよりもむしろ、過去に滞納してしまった経緯があることでしょう。さすがにクレヒス(クレジットヒストリー)に傷がついてしまっていては、すんなり審査を通過するのは難しいということですね。

また、他のクレジットカードの申し込みの時期が重なるのもあまりよくありません。これに関しては、申込者本人がそういった気がなかったとしても、「クレジットカードの新規入会特典を狙って集中的に申し込みをしているのでは?」「お金に困っているのでは?」などと判断されてしまう可能性があるのです。

審査をクリアする確率を高めたいのであれば、クレジットカードを申し込みする間隔は最低でも半年以上はあけた方が良いでしょう。

イオンカードの審査を通過する為のチェックポイント

さて、実際にイオンカードの審査に落ちた人の事例を確認したところで次に、イオンカードの審査を通過する為のチェックポイントをみていきましょう。今回紹介する項目は以下の通りです。

  • 他社で借金をしていないかどうか
  • 滞納履歴がないかどうか
  • 入社・転職したばかりではないかどうか
  • 複数のクレジットカードに同時に申し込みをしていないかどうか
  • クレヒスを積み重ねてきたかどうか
  • 過去にイオンカードを解約していないかどうか

早速、一つひとつについて、解説を加えていきますね。

他社で借金をしていないかどうか

クレジットカードを審査する側は、あなたの信用情報をつぶさに確認することができます。この信用情報の中には、他社からの借入状況に関する詳細も含まれているため、あなたのお金の管理能力が筒抜けになっているのです。

仮に借入がある場合、何社から借金をしているか、トータルでいくら借金があるかなどを嘘偽りなく申告しなければなりません。

少しでも審査を有利に進めたいからといって数字を偽るのは無意味ですし、嘘の申告がバレてしまえば、信頼を一気に失墜してしまうことになります。

一発で審査を通したいのであれば、まずは他社からの借金をきちんと清算してからの方が良いかもしれませんね。

滞納履歴がないかどうか

前項でも少し触れましたが、滞納履歴があるかどうかも審査の結果に影響を与えます。こうした履歴は過去5年間は記録に残っているため、仮に数年前におこしてしまった滞納に関しても、審査を不利にしてしまいかねません。

ちなみにこれは、クレジットカードの支払い金の滞納のみならず、携帯電話の分割料金などの滞納も履歴に残ってしまうため、注意が必要ですよ。

入社・転職したばかりではないかどうか

前項で居住年数が審査の材料となる旨を記載しましたが、勤続年数というのも重要となります。あなたが仮に、入社したての新米サラリーマンであるとか、あるいは転職したてで勤続年数が1年にも満たない状況であれば、審査を有利に進めることはできません。

これに関しては自営業の場合も同様です。あくまでも一つの目安ではありますが、理想としてはやはり、サラリーマンでも自営業でも、勤続年数が最低でも3年以上はあるのが望ましいでしょう。

もちろん、5年や10年といった長期期間の継続勤務(営業)を示すことができれば、これに越したことはありません。

複数のクレジットカードに同時に申し込みをしていないかどうか

前項で紹介した内容のおさらいにはなりますが、同時期(半年以内)に複数のクレジットカードを申し込みしてしまうと、やはり審査は不利になってしまいます。

過去6ヶ月以内に、他のクレジットカードへのエントリー履歴があるようなら、少し期間をあけてから審査を通す方が確率は高いと言えましょう。

クレヒスを積み重ねてきたかどうか

これはある程度年齢を重ねてきた方に該当するのですが、たとえば30歳以上でクレヒスが一切ないということになると、それだけでクレジットカードの審査に通過するのが厳しくなってしまう可能性があります。

良好なクレヒスを積み重ねることは、信頼を積み重ねることと同義です。30歳くらいまでには、ある程度のクレヒスをコツコツと積み上げておきましょう。

もちろん、滞納履歴などを作ってしまうと、せっかくクレジットカードを継続して利用していても、信頼があるとはみなされないため、注意が必要です。

また、審査なしで発行できるデビットカードをいくら利用しても、クレヒスには反映されないことも合わせて覚えておきましょう。

過去にイオンカードを解約していないかどうか

あなたは今回の申し込みが新規の入会でしょうか?というのは、仮に過去にイオンカードを発行しており、そのカードを解約した経緯があったとすると、再度の申し込みは審査に通りづらいことが考えられるためです。

これはイオンカードに限った話ではなく、どのクレジットカードにおいても、基本的には同様のことが言えます。

すでに解約してしまった過去を変えることはできませんが、今後クレジットカードを発行できた場合には、一度解約してしまうと、再度審査を通過するのは難しくなることを覚えておきたいですね。

イオンカードの審査にかかる時間

さて、ここまででイオンカードの審査に関して注意すべきことを確認してきました。続いては、イオンカードの審査にかかる時間についてみていきたいと思います。

審査に関する基準が明確に示されていない以上、多かれ少なかれ、誰でも審査待ちの時間はやきもきする気持ちがあるかと思います。

イオンカードは申し込みをしてからどのくらいで結果が出るのでしょうか?

審査時間は申し込み方法によって異なる

結論から言うと、イオンカードの審査にかかる時間は、申し込み方法によっても異なります。ちなみに、イオンカードの申し込み方法には、以下の3通りがあります。

  • インターネット
  • 店頭で手続き
  • 申込書の郵送

どの申し込み方法を選択するかはその人の好みによるところがありますが、お得さという意味では、インターネットからの申し込みが最もおすすめです。

なぜなら、Web限定で6,000円相当分の特典が得られるキャンペーンが実施されているためです。

イオンカード入会キャンペーン6,000円相当分の特典があるかないかでは、単純にある方がいいのは当然のことだと思います。「インターネットでの申し込みは複雑そうだ!」とつい敬遠してしまいがちの方もいるかもしれませんが、案内にしたがって申し込みをすれば、さほど難しいことはありません。

とはいえ、ここではインターネット以外の2通りに関しても、審査時間に関する情報をシェアしておきたいと思います。

インターネット

インターネットは唯一、特典を得られるというのも大きなメリットですが、ネット環境さえ整っていれば、24時間365日いつでも好きな時にエントリーできるのも魅力といえます。

入力が早い方であればおおよそ10分程度で手続きが済んでしまうため、時間を節約したい方にとってはおすすめです。

必要事項を入力し、カード申し込みの申請ボタンを押した後、どの程度の時間を待てばいいのでしょうか?これに関しては、おおよそ1〜2週間程度の時間をみていただければと思います。

え?すぐにメールや電話で審査結果を聞くことはできないの?

とそう思う方もいるかもしれませんが、イオンカードはメール通知による審査結果の開示を行なっていませんし、オペレーターに審査結果を問うこともできません。審査に通過したかどうかを知るためにはあくまでも、書面が届くのを待つ必要があるのです。

  • 通過した場合→クレジットカードが届く
  • 落ちてしまった場合→クレジットカード発行見送りの旨が記載された書面が届く

シンプルといえばシンプルですね。メール通知がないので少々焦らされてしまう感じはありますが、じっくりと時が満ちるのを待ちましょう。

即日受け取りサービスもある!

1週間や2週間も待てない!すぐにカードが必要なんです!」という方の為に用意されているのがイオンカードの即日受け取りサービスです。

特に焦っていないよ。

という方であれば通常の申し込み方法を選べば良いですが、即日にカードを受け取りたいという方は、Webでの申し込み時に以下の点に注意して、手続きを進めましょう。

  1. Webで申し込み手続きを進め、「店舗でのカードお受取り」で「店舗で受取ります」を選択する
    ※当日に受け取る為には、遅くとも17時までにWeb上の手続きを完了させる必要あり
  2. 審査結果を通知するメールが届く
  3. 10時〜18時の間に、イオン店頭内にあるイオン銀行でカードを受け取る

この流れを選ぶ場合、どんなに遅くとも、17時までにはWeb上での手続きを完了させておく必要があります。その上で、即日受け取り対象となっている店舗で、カードを受理しましょう。

ちなみにここで渡されるカードはあくまでも仮カードであり、イオン系列内でしか決済できないものとなっています。

ポイントは反映されますし、イオン系列で得られる特典(ポイント2倍や5%オフなど)は適用されますが、通常の加盟店では使えない点には注意が必要です。後日、正式に送付されてくるクレジットカードの到着を待ちましょう。

店頭での手続き

続いて、店頭で手続きをするケースです。店頭手続きのメリットは、スタッフと対面コミュニケーションを取りながら申し込みができる点に尽きます。疑問点があっても即時解決ができるため、余計なストレスを感じなくて済みますし、安心感も強いですね。

とはいえ、1点厄介なデメリットがあります。それは、すべてのイオンで手続きができるわけではないことに加え、事前に対象となっている店舗を検索することもできないことです。

というのは、お客様が多い土日のみにカード手続きを可能にしている店舗や、イベント時のみカード手続きを受け付けている店舗などがあるため、一概に「この店舗で手続きが可能です」といった案内をすることができないんですね。

以上を踏まえると、せっかく店舗に行ったにもかかわらず、手続きそのものができない可能性もあるため、店頭での手続きはあまりおすすめはできません。運よく手続きができたとしても、ネットでの申し込みとは異なり、混雑していれば待ち時間が生じるため、余計に時間を浪費してしまう可能性もあります。

ちなみに、審査結果についてはその場で聞くことができる為、クレジットカードが発行可能かどうかはすぐにわかります。

あとはカードが郵送されるのを待つだけです。カードが自宅に届くのはやはり、1〜2週間程度はかかる為、申し込み〜カード受け取りまでの時間は、インターネットの場合と大差ないと言えるでしょう。

申込書の郵送

申込書を受け取り、自宅に帰ってから好きなタイミングで記入し、郵送するというエントリー方法もあります。

ただし、この方法は郵送の往復となるため、カード受け取りまでの時間は最もかかってしまいます。おおよそ3週間〜1ヶ月程度はみておいた方が良いでしょう。ちなみに申込書は以下の場所に設置されています。

  • イオン銀行ATM
  • WAONステーション
  • サービスカウンター
  • エレベーター付近

なお、この方法で申し込めるのは、数あるイオンカードの種類の中でも、イオンカードセレクトのみです。他のイオンカードを発行したい場合は、ネットか店頭で手続きを進める必要があります。

ここまでをまとめると、それぞれの方法におけるメリット・デメリットとカード受け取りまでの期間は以下の通りとなります。

申し込み方法メリットデメリット発行日数
インターネット・24時間365日いつでも申し込みができる
・入会特典がある
・わからないことがあれば、自分で調べる必要がある2週間程度
※当日受け取りも可
店頭・わからないことがあれば、スタッフに聞いてすぐに解決できる・入会特典がない
・カード手続きを受け付けしている店舗を探す必要がある
・店頭に行く必要がある
2週間程度
郵送・自宅でマイペースに申し込みができる・入会特典がない
・申込書を取りに行く必要がある
・わからないことがあれば自分で調べる必要がある
3週間〜1ヶ月程度

イオンカードの審査状況の途中経過は確認できない

Webでの申し込みや郵送での申し込みの場合、審査結果をすぐに知ることができず、数週間もの期間、待たされてしまうことになります。人によっては、審査の途中経過を知りたいという方もいるのではないでしょうか。

しかし、残念ながらイオンカードの審査状況を知ることはできません。あくまでも、郵送による書面の到着を待つしか方法はないようです。

ちなみに途中経過ではありませんが、審査結果を知る方法であれば、こちらの公式サイトにまとめられていますので、参考にしてみてください。

まとめ

イオンカードは、他のクレジットカードと比較するとそこまで審査は厳しくないとの声もありますが、審査を甘くみていると、思わぬところで引っかかってしまうことも十分に考えられます。

借金や滞納履歴があるといったことが審査結果に悪影響を及ぼすのはもちろんのことですが、引っ越ししたてや就職・転職・独立したてといったポイントにも注意する必要があります。

せっかくエントリーするのであれば、ぜひ、本記事を改めて振り返っていただき、申請内容や自身の過去の信用情報などに不備はないかを再度確認しておきましょう。

なお、申し込み方法は3種類ありますが、Webからのエントリーであれば、6,000円相当分の特典を得られるチャンスがあるため、こちらも合わせて活用してみてくださいね。