イオンカード

イオンカードのディズニーデザインを選べるのはJCBだけ!選べるイオンカードとは?

 

イオン系列で溢れんばかりのメリットを享受できるイオンカード。そのイオンカードの中には、ディズニーのデザインが施されたものもあります。

ディズニーファンの方にとってはたまらない仕様ですよね。クレジットカードは決済の時にしか出すことがないとはいえ、自身の持ち物のデザインや仕様にはこだわりたいという方も多いはず。

しかし、イオンカードでディズニーデザインを選択するには注意が必要な場合もあります。そんなディズニーデザインについてや、デザインを変更したい方へ向けて対処法を紹介していきます。

>> 1番お得なイオンカードの作り方を見る

イオンカードのディズニーデザインを選べるのはJCBだけ!

ディズニーデザイン WAON一体型イオンカード結論から言うと、イオンカードのディズニーデザインを選択できるのは、JCBブランドのみとなります。

国際ブランドに特にこだわりを持っていない方や、元々JCBブランドを求めているような方にとっては特に問題ではありませんが、JCBブランドを選択することで、決済の幅が狭まってしまうようなこともあるのです。

JCBブランドでは決済そのものができないこともある

私も実際に経験したことがあるのですが、JCBブランドのクレジットカードだと、国内では特に問題はありませんが、海外では決済そのものが受け付けてもらえない場面というのがあります。

私は過去に、JCBブランドのクレジットカードしか持ち合わせていない時期があり、かねてから購入したかったインターネットの商品を購入しようとした際に、その商品の購入がVISAもしくはMasterCardのクレジットカードによる決済にしか対応していないことを知りました。

心待ちにしていた商品だったので、非常に悔しかったのを覚えています。もちろん、すぐにVISAかMasterCardのクレジットカードを発行しようと行動に移したのは言うまでもありません。

もしもあなたが、VISAかMasterCardのクレジットカードを持っていない場合、イオンカードのディズニーデザインを申し込みする他に、VISAかMasterCardのクレジットカードを一枚備えておいた方がいいかもしれませんね。

もちろん、すでにVISAかMasterCardを所持しているのであれば、決済の場面で困ることはそうそうないでしょう。

ディズニーデザインを選べるイオンカードの種類

JCBブランドさえ選択すれば、イオンカードのすべての種類において、ディズニーデザインを選べるわけではありません。

ディズニーデザインに対応しているイオンカードは、以下の種類となっています。

ディズニーのデザインにこだわるのであれば、以上の4種類のうちのいずれかでかつ、JCBブランドを選択する必要があるということですね。

ディズニーデザインへの切り替えは新規発行のみ!

ディズニーデザインを選択できるのは、あくまでも新規発行のタイミングに限られます。
つまり、すでに通常デザインでイオンカードを発行している方については、「デザインの変更」というオーダーをすることができず、新たにディズニーデザインのイオンカードを申し込むという流れを踏む必要があるのです。

ここでは、手間がかかったとしても、憧れのディズニーデザインに変更したいという方のために、ディズニーデザインへの切り替え方法をシェアしていきますよ。

イオンカードセレクトは一枚しか所有できない

ディズニーデザインを発行することができるイオンカードセレクトですが、このクレジットカードは、一人一枚までしか所有することができません。

つまり、すでに通常デザインのイオンカードセレクトを持っている方の場合、新たにイオンカードのWAON一体型かイオンカードのG.Gマーク付を発行することで、ディズニーデザインを取得する必要があります。

イオンカードセレクトは一枚までしか所有できませんが、イオンカードセレクトに加え、イオンカードのWAON一体型やイオンカードのG.Gマーク付を発行することなら可能ですよ。

ときめきポイント・WAONポイントの移行はできない

すでにイオンカードを所有しており、ディズニーデザインを求めて新たに対象のイオンカードを新規発行した場合、貯まっているときめきポイントやWAONポイントは、新規のカードに移行することはできるのでしょうか。

これに関しては、どちらのポイントも移行することができませんが、ときめきポイントは、合算して使うという形を取ることは可能です。合算の活用については、公式ホームページのMy Pageからログインすることで、手続きを進めることができますよ。

ときめきポイントの損しない使い道は『ときめきポイントの使い道を紹介!お得な使い方や交換方法も知っておこう!』の記事で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
イオンカード
ときめきポイントの使い道を紹介!お得な使い方や交換方法も知っておこう!イオンカードで貯めたときめきポイントの使い道はかなり豊富です。電子マネーのWAONへ交換して色んなところで使うようにできる上に、その他のポイントや商品と交換することも可能。そんなときめきポイントの豊富な使い道や使い方を徹底的に解説します。今までときめきポイントをたくさん貯めてきた私がおすすめの使い道も紹介しています。...

ゴールドカードにもディズニーデザインがある!

ディズニーデザインイオンゴールドカードさて、先ほどディズニーデザインに対応しているクレジットカードを紹介した際にもチラリと記載をしましたが、イオンゴールドカードにもディズニーデザインがあります。

ゴールドカードというだけでも特別感がありますが、ディズニーデザイン×ゴールドカードとなると、ディズニーファンの方にとっては喜びもひとしおでしょう。

ここでは、ゴールドカードの対象となっているイオンカードの紹介に加え、ゴールドカードのインビテーションを受ける方法についても考察していきたいと思います。

イオンゴールドカードのインビテーションを受けられるイオンカード

そもそも、イオンゴールドカードはダイレクトに申し込みをすることができません。対象となっている各種イオンカードを継続的に利用することで、インビテーションを受ける必要があるのです。

数多のイオンカードの中でも、ゴールドカードのインビテーションが来る可能性があるのは以下の3種類です。

  • イオンカード(G.Gマーク付も可)
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカードセレクト

最もベーシックかつ、人気の高いラインナップです。これら以外のイオンカードに関しては、いくら決済額を積み上げても、インビテーションが来ることはないので注意が必要ですよ。

イオンゴールドカードならではの特典

イオンゴールドカードは、通常のイオンカードと比べてどうなの?」そのように感じている方もいることでしょう。

イオン系列において多大なメリットを享受できる点は同様ですが、非ゴールドカードとの差をつけるイオンゴールドカードならではのメリットは以下の通りです。

  • イオンラウンジサービスを利用できる(ゴールドカード限定)
  • 羽田空港エアポートラウンジを利用できる(ゴールドカード限定)
  • 年間300万円までのショッピング保険付帯(非ゴールドカードは50万円まで)
  • 海外旅行保険が自動付帯(ゴールドカード限定)

イオンでの買い物中にホッと一息つきたいという方や、羽田空港を利用することが多いという方には特にお得感が大きい一枚と言えます。

また、国内外の旅行傷害保険が非常に充実していることも大きな強みです。特に海外旅行傷害保険に関しては、持っているだけで効力が発揮される自動付帯の仕様になっているため、旅行代金は他の還元率に優れたクレジットカードに任せてしまうこともできますよ。

年間100万円以上のクレジット利用をするとインビテーションが来る

クレジットカードの種類によっては、ゴールドカードのインビテーションの条件が明らかにされていないことも多いですが、イオンカードに関しては、公式ホームページに以下のような条件の記載が見られます。

年間100万円以上のクレジット利用をすれば、ゴールドカードのインビテーションを受けることができる。出典:イオン 暮らしのマネーサイト

公式ホームページに掲載されているのですから、これは確実な情報と言えますね。年間100万円と言えば、月あたりでいうと約84,000円の計算となります。

84,000円という値は、人によってはなかなかハードルが高いと感じるものかもしれません。それでもぜひ、ゴールドカードは取得してみたいという方は、各種公共料金や携帯電話料金などの支払いを含め、ありとあらゆる支払いをイオンカードへ一点集約してみましょう。

一度でもゴールドカードを達成すれば、非ゴールドカードに降格することはありませんので、イオンゴールドカード取得後は年間の利用額を気にする必要もなくなりますよ。

住宅ローンを利用すればゴールドカードのインビテーションが届く

引き続き、二つ目の正式な情報を公開していきたいと思います。こちらはイオンカードセレクトを選択した場合に、イオン銀行の住宅ローンを利用するというものです。イオン銀行の住宅ローンの説明に記載が見られます。

運よく、住宅の購入を検討しているタイミングであればラッキーですね。年間100万円以上の決済とは違い、時間をかけることなく一気にゴールドカードのインビテーションを受けることができますよ。

その他の条件

正式な情報として公開されている条件はここまでとなりますが、インターネット上には、他にもイオンゴールドカードのインビテーションを受けることができた事例が散見されます。

  • イオンカード入会からカード利用額累計が500万円以上
  • 年間のカード利用件数が120件以上、かつ利用金額が80万円以上
  • イオングループのみの利用が直近1年間で60万円以上
  • 定期預金残高が500万円以上
  • 投資信託残高が100万円以上
  • 個人年金保険を契約

どれも数値がかなり具体的ですね。中には詳細な体験談と共に掲載されているものもあるため、かなり信憑性は高いと言えるのかもしれません。

年間100万円以上のクレジット利用や、住宅ローンの利用が難しい方であれば、これらの条件を試してみるのもいいでしょう。どれか1つでも達成できればOKなので、あなたにとって最も近道な方法を選ぶのが得策です。

イオンゴールドカードは年会費無料で保持することができるクレジットカードなので、あなたもぜひ、ゴールドカードのインビテーションにチャレンジしてみてくださいね。

イオンゴールドカードの評判やインビテーションの条件は『イオンゴールドカードの評判は?インビテーションの条件を徹底解説!』の記事で更に詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
イオンゴールドカード
イオンゴールドカードの評判は?インビテーションの条件を徹底解説!イオンゴールドカードは年会費無料で持てるゴールドカードです。イオンゴールドカードは申込みができず、ある条件を達成することでインビテーションを受けないといけません。インビテーションを受けるために必要なある条件や、イオンゴールドカードを実際に利用している方の評判について詳しく紹介していきます。...

まとめ

イオンカードの中には、JCBブランドを選択することで、ディズニーデザインを施すことができるものもあります。

JCBブランドは稀に、決済そのものができない場面に出くわすことがあるため、VISAかMasterCardを他のクレジットカードで備えておくと、使い勝手で困ることはないでしょう。

また、特にメリットが強いイオンカードの中に、イオンゴールドカードがあります。イオンゴールドカードは年会費無料にもかかわらず、充実した国内外の旅行傷害保険やラウンジのサービスを享受することができる上、ディズニーデザインを選択することも可能です。

ぜひ可愛らしいディズニーデザインのイオンカードを持ってイオンをお得に利用しましょう!

>>一番お得なイオンカードの作り方を見る!