イオンカード

イオンカードのキャッシングを利用する方法と返済方法まとめ

 

年会費無料で作成できるにもかかわらず、イオン系列においてこれでもかというほどに多数のメリットを享受することができるイオンカード。普段からお世話になっている方も多いことでしょう。

さて、そんなイオンカードですが、ショッピング機能だけでなく、キャッシング機能も利用することができます。

節約効果を高めていくという視点では、あまり推奨されたものではありませんが、「やむを得ず…。」という場面も出てくることがありますよね。

そこでここでは、イオンカードのキャッシング利用に関する情報をまとめてみました。すでにイオンカードを活用している方はもちろん、これからイオンカードを作成しようと考えている方にとっても役立つ内容ですよ。

>> 1番お得なイオンカードの作り方を見る

イオンカードのキャッシングを利用する方法

イオンカードまずは、イオンカードのキャッシングを利用する方法について解説していきます。最もベーシックなのはやはり、ATMやCD機を活用するという方法ですね。

以下、対象となっているATM・CD機の一覧を示しておきましょう。

  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • コンビニATM(イーネット、ミニストップ、ファミリーマート、ローソンなど)
  • 提携会社設置ATM・CD機

操作手順

次に、イオン銀行を例にとって、操作手順を確認していきます。

  1. 「イオンカード」ボタンを押す
  2. 「お借入れ」ボタンを押す
  3. 暗証番号を入力する
  4. 支払い方法を選択する(イオン銀行以外の一部ATMでは選択できない場合も)
  5. 借り入れ金額を1,000円以上から選択する
  6. 金額を確認し、現金を受け取る

ここまでです。特に難しいことはありませんね。注意点としては、支払いでリボ払いを選択してしまうと、トータルで返済する金額が膨れ上がってしまうことでしょうか。

どうしてもという場合には仕方がないですが、極力リボ払いは避けて、一括返済を心がけていきたいですね。

ちなみに、イオン銀行以外のATMを利用した場合、ATM利用手数料として、1万円以内の借り入れなら108円、1万円を超える借り入れなら216円がかかることを追記しておきます。

インターネットや電話で借り入れも可能

場合によっては忙しくてATMに行く時間を確保することができないこともあるでしょう。そんな時に活用したいのが、インターネットや電話による借り入れです。カード設定口座がイオン銀行であれば、24時間365日即日振込してもらえるのも大きな魅力といえます。

まずは、ネットでの手続き方法を確認していきます。

  1. 公式ホームページのMy Pageへログインする
  2. ご利用可能額を確認し、「ネットキャッシング手続きへ進む」をクリックする
  3. 希望金額・支払い方法を入力する
  4. 申し込み内容・カード設定口座を確認する
  5. カード設定口座に振り込みされる

続いて、電話での申し込み方法です。

  1. 0120-223-212または0570-064-750に電話する
  2. ガイダンスの途中で「0+#」を入力する
  3. ショートカットキー「262#」を入力する
  4. カード番号16桁と暗証番号4桁を入力する
  5. 希望金額・支払い方法を入力する
  6. カード設定口座に振り込みされる

電話で申し込みをする場合、カード番号の入力が求められるため、手元にクレジットカードを用意しておくと焦らずに済むでしょう。

なお、申し込み日と振込予定日に関する詳細は以下の通りとなっています。

申し込み日申し込み時間引き落とし口座
イオン銀行イオン銀行以外
平日
(金融機関営業日)
0:00〜8:59申し込み後、
最短即時振込み
当日午前中
9:00〜15:00申し込み後、
最短即時振込み
15:01〜23:59翌営業日午前中
土・日・祝日
(金融機関休業日)
0:00〜23:59翌営業日午前中

海外でのキャッシングの方法

イオンカードでは、海外で現地通貨を引き出すことも可能です。海外で急に現金が必要になった時に助かりますね。

ここでは、海外でのキャッシング利用方法をシェアしていきたいと思います。まず、対象となっているATMは以下の通りです。

  • VISA(世界で約120万台)
  • MasterCard(世界で約120万台)
  • JCB(世界で約120万台)

以上のいずれかのマークがあるATMであれば利用可能です。主要な国際ブランドが網羅されているため、使い勝手に申し分はなさそうですね。

操作手順

事前に海外ATMの操作方法を把握しておけば、いざという時に焦ることもありません。

  1. 暗証番号を入力する
    「ENTER PIN(暗証番号を入力)」と表示されたら、クレジットカードの暗証番号を入力します。
  2. 取引内容を選択する
    「SELECT TYPE OF TRANSACTION(取引内容を選択)」と表示されたら、取引内容を選択し、「CREDIT CARD WITHDRAWAL(クレジットカードでの引き出し)」を選びます。
  3. クレジットカードアカウントを選択する
    「SELECT THE ACCOUNT」の画面で、クレジットアカウントを選択します。クレジットカードでキャッシングする場合は「CREDIT CARD(クレジットカード)」を選択すればOKです。
  4. 金額を入力する
    引き出したい金額を選択し、Enterキーを押します。自分で金額を入力したい場合は「Other(その他)」を選びます。
  5. 現金を受け取る
  6. 再取引するかを選ぶ
    再取引を行うかどうかを聞かれるので、もう一度取引をしたい場合は「YES」を押します。そうすると②の「取引内容を選択する」に戻ります。再取引をしない場合は、「NO」を押すと次の画面に進みます。
  7. ご利用明細とクレジットカードを受け取る
    クレジットカードを受け取った後に現金が出てくるタイプのATMもあります。現金とクレジットカードの取り忘れには十分注意しましょう。

ここまでです。英語表記だと混乱してしまう方もいるかもしれませんが、基本的な流れを事前に把握しておけば大丈夫です。

ちなみに海外におけるキャッシングについても、1万円以内の借り入れなら108円、1万円を超える借り入れなら216円のATM利用手数料がかかります。

イオンカードのキャッシング枠を付帯される方法

続いて、イオンカードのキャッシング枠を付帯される方法についてみていきましょう。これから新たにクレジットカードを申し込む場合であれば、申し込み時にショッピング枠だけではなく、キャッシング枠についても同時に申請することができます。

すでにイオンカードを発行してしまっている場合でも、以下のいずれかの方法で、キャッシング枠を設けることは可能です。

  • 公式ホームページのMy Pageより申請
  • イオンに設置されている変更届を提出する
  • コールセンターに電話して申し込む
    固定電話から:0120-223-212
    携帯電話から:0570-064-750

いずれの方法にしても、キャッシング枠を設ける上ではイオンカードの審査が伴うので、申し込みをしてすぐに付帯を受けられるわけではありません。おおよそ、1〜2週間の期間はみておきましょう。

キャッシングサービスの利用条件

イオンカードのキャッシングサービスの利用条件は以下の通りです。

融資額1,000円〜300万円
融資利率実質年率7.8%〜18%(遅延損害金/実質年率20%)
返済期間及び回数最長57ヶ月、最大57回
返済方式一回払い(元利一括返済方式)
リボルビング払い(残高スライド元利均等返済方式)
担保・連帯保証人不要

ご覧の通り、最大で300万円までの枠を設けることが可能ですが、必ずしも希望した枠を確保できるとは限りません。というのも、キャッシング枠として設けられる額は、年収の3分の1までと法律で決まっているためです。

増額申請の場合はカードの利用が止められる場合も

イオンカードでキャッシングの増額申請をする際に気をつけておきたいのは、場合によっては利用限度額が減らされてしまったり、カードの利用そのものが止められてしまうケースがあるということです。

クレジットカードを普段から適切に利用しているのであれば気にすることもないですが、過去に滞納した経験があるなどの場合は、申請手続きをしない方が無難かもしれませんね。

ちなみに、増額申請をするタイミングについても、クレジットカードの契約から半年以上の期間をあけてからの方が良いです。この半年間においては、他のカードローンの契約や増額は極力避けましょう。

イオンカードのキャッシング増額審査において、不利な影響を与えてしまう可能性があるためです。

イオンカードのキャッシング返済方法

最後に、イオンカードのキャッシング返済方法を確認していきましょう。利用代金の締め日と引き落とし日に関しては、以下の通りとなっています。

毎月10日までの利用分を翌月2日に指定口座より引き落とし

キャッシングを利用する以上、まずはここを把握しておかなければいけませんね。利用した翌月の2日までに、支払い分の残高があるかどうかを確認しておきましょう。

支払い方法は一括払いかリボ払い

前述したように、利用するATMによっては、支払い方法を選択できない場合もありますが、基本的には一括払いかリボ払いを選び、返済していくことになります。

ただし、海外におけるキャッシングについては、すべて自動的にリボ払いになってしまうことには注意が必要です。リボ払いによる手数料を避けたい場合は、『リボ払いお支払い増額サービス』を利用することで、一括返済に切り替えることも可能です。

リボルビング払いの利息

ここで気になってくるのが、リボ払いを選んだ時の利息がどのくらい必要かということではないでしょうか。

そもそも、リボルビング払い(残高スライド方式)というのは、利用残高に応じ、毎月一定額(元金+利息)を支払うというものです。

分割払いと混同されやすいですが、リボ払いは毎月一定額を支払うのに対し、分割払いは回数を決めて支払うという方式です。どちらも手数料が発生するという意味では同じですが、支払い方法は異なります。

イオンカードのリボ払いにおける手数料は以下の概算出表を参考にしてみてください。

2013年4月11日以降新たに借り入れをした場合
利用があった時点の締日残高月々の支払い額
1円〜100,000円3,000円
100,001円〜200,000円6,000円
200,001円〜300,000円8,000円
300,001円〜500,000円15,000円
500,001円〜700,000円20,000円
700,001円〜900,000円25,000円
900,001円〜1,000,000円30,000円
2013年4月11日以降新たな借り入れがない場合
利用があった時点の締日残高月々の支払い額
1円〜100,000円5,000円
100,001円〜150,000円7,500円
150,001円〜200,000円10,000円
200,001円〜500,000円15,000円
500,001円〜700,000円20,000円
700,001円〜900,000円25,000円
900,001円〜1,000,000円30,000円

リボ払いお支払い増額サービスの手続き方法

先ほどの表をご覧いただき、「こんなに悠長に返していられない!」と感じる方もいることでしょう。そんなあなたには、リボ払いお支払い増額サービスがおすすめです。以下の流れで手続きを進めていきましょう。

  1. 公式ホームページのMy Pageよりログインする
  2. 「リボ払いお支払い増額サービス」をクリックする
  3. 「ショッピングリボ払いご利用分」、「キャッシングリボ払いご利用分」項目の「月々のお支払い額を増額」または「全額返済」から希望の返済方法を選択する
    ※月々のお支払い額を増額を選択した場合
  4. 月々の支払い額を設定し、対象期間を選択する
  5. 内容を確認し、間違いがなければ「手続き申込み」ボタンをクリックする。

ここまでです。なお、毎月19日の23時59分までにこれらの手続きを済ませれば、翌月2日の請求分より反映されます。

また、毎月20日0時00分~25日23時59分までの間は、サービスの受付が休止していることを把握しておきましょう。

まとめ

イオン系列で様々なメリットが得られるイオンカードは、キャッシングも利用することができます。

ただし、節約効果を考える上では、キャッシングというのは決して推奨されたものではありません。やむを得ず利用するにしても、可能な限り一括払いを心がけるなどして、不必要な手数料を被ることがないように心掛けましょう。

少々厳しい見方をすると、キャッシングを利用しなければならない状況というのは、自身のお金の管理が甘いということに他なりません。キャッシングを利用される方は、ぜひこの機会に、お金の管理についても見直しをしてみてくださいね。

>>一番お得なイオンカードの作り方を見る!